厚生常任委員会 現地視察・総括

3月21日、厚生常任委員会で、旭まちづくり推進センターに現地視察に行きました。
今回の当初予算で昭和53年、56年に建設されたセンター改修の
予算1億3645.9万円が上がっています。
旧公民館と老人センターが東西に別々に建っているものをつないで、
一体的な建物として改修するとのことで、しっかりと改修ができ
旭地区の皆様の地域自治の拠点となる施設に生まれ変わることを期待しています。

その後、自由討議と総括、採決を行ないました。
総括では、昨年9月議会で決議した
保育士の待遇改善と保育士確保政策の促進を求める決議
1.公立保育所においては、正規保育士の増員と嘱託保育士の待遇改善に努めること。
2.近隣都市部と同程度の鳥栖市独自の保育士賃金体系を確立すること。
などを受け止めているとは思えない
当初予算での保育士が昨年同様45名のままであること、
嘱託保育士(代替保育士等)の予算である賃金が減額されていること、
保育園運営計画等を策定して、保育園における職員体制を明確にすべき
嘱託保育士の給料をせめて近隣自治体並みに引き上げるべきではと申し上げました。

将来的には、保育園の民間委託などを検討されているのか・・・

c0325733_14044386.jpg


c0325733_14044456.jpg


c0325733_14044487.jpg





by waku2sg | 2017-03-21 14:00 | 厚生常任委員会 | Comments(0)  

<< まなび合い推進フォーラム 桜マラソン2017ボランティア >>